top of page

「ウクライナにカイロを!」高校生によるファンドレイジング

クリスマスに誰かをハッピーにしよう!

プレゼンテーションを行なって募金を募る企画、『クリスマスファンドレイジング』を実施しました。

今回、チャレンジしてくれたのは瑞陵高校1年のクレイン生。

母校の先輩、杉原千畝のように困っている人を助けたい!という思いでチャレンジしました。


冬には氷点下20度にもなるというウクライナでは、ロシア軍の攻撃により電気やガスの供給ができない地域が多く、人々は大変な生活を余儀なくされています。

そこで、今回の彼女のミッションは、募金でカイロを買ってウクライナに届けること。





募金はこれから1月8日まで募り、日本ウクライナ文化協会に届けます。

募金にご協力いただける方は、U-CRANE、またはクレイン英学校までご連絡下さい。


日本から心も体も温まる支援をウクライナに届けたいと思います!

閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示

英語交流会を開催しました

ウクライナから岐阜市に避難してきた14才のJくん。避難してきてから2年、日本の学校には通わずウクライナの学校に課題提出の形で参加しているだけで、日頃の交流はないそうです。英語が好きなJくんは、岐阜市で実施される月一回の英語交流会に参加するのが唯一の楽しみだったそう。ですが名古屋に引っ越してきてその唯一の日本人との交流もなくなってしまいました。 そんな時レスキューストックヤードから 「クレインさんで

中学生たちと今年度最後の支援活動

今年度最後の避難民支援活動にはクレイン生2人がボランティアで参加してくれました。 フードバンク愛知ではその活動を学びました。 活動の意義を感じてくれたようで嬉しいです。以下、2人の感想です。 「最近ウクライナの報道が少なくなり戦争の実感がなかったけど、避難民のひとたちや支援をしている人に会って活動をして実感することができました。」 「初めてフードバンクに行ってその役割について学べました。そして、レ

Comments


bottom of page