top of page

一人の大きなサポートで守られる小さな命

ウクライナ避難民の赤ちゃんへの支援を4月から続けています。この活動は、私が最初に赴任した学校のある1人の卒業生から預かった寄付で行っています。ひとりの母親として、遠い国の会ったこともない赤ちゃんのことを自分の子供のように心配して、「やれることがあったら何でも言って!」と支援してくれる彼女を心から尊敬しています。


あなたのおかげで母子ともに救われています。本当にありがとうございます!


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

英語交流会を開催しました

ウクライナから岐阜市に避難してきた14才のJくん。避難してきてから2年、日本の学校には通わずウクライナの学校に課題提出の形で参加しているだけで、日頃の交流はないそうです。英語が好きなJくんは、岐阜市で実施される月一回の英語交流会に参加するのが唯一の楽しみだったそう。ですが名古屋に引っ越してきてその唯一の日本人との交流もなくなってしまいました。 そんな時レスキューストックヤードから 「クレインさんで

中学生たちと今年度最後の支援活動

今年度最後の避難民支援活動にはクレイン生2人がボランティアで参加してくれました。 フードバンク愛知ではその活動を学びました。 活動の意義を感じてくれたようで嬉しいです。以下、2人の感想です。 「最近ウクライナの報道が少なくなり戦争の実感がなかったけど、避難民のひとたちや支援をしている人に会って活動をして実感することができました。」 「初めてフードバンクに行ってその役割について学べました。そして、レ

Comments


bottom of page