top of page

U-CRANEメンバー提供の支援物資を届けました

今回、支援物資でいま何が不足しているかを聞き取りし、本当に必要とされているものを集めて持っていくことにしました。足りなかったのは


主食(米・パスタ・小麦粉・インスタント食品)や菓子類

生活用品(歯磨き粉・食器洗剤・洗濯洗剤)


ということで、さっそくU-CRANEメンバーに声をかけたところ、みなさん続々とこんなにもたくさんの物資を用意してくれました!




そして、昨年から小さな赤ちゃんのいるお母さんを積極的に支援してくれているメンバーもいます。月齢に合わせて、またお母さんが気にかけていることなども考慮しながら、どんなものを送ればいいか、本当にいつも親身になって考えてくれています。




そして今回、家族みんなで物資をレスキューストックヤードまで運んでくれたメンバーたち。


ウクライナから遠く離れた見知らぬ日本で暮らすことだけでも大変なのに、小さい赤ちゃんも一緒だとその不安は一層大きいと思います。私たちはこうやって、避難民の人たちに寄り添う活動をこれからも続けていきます。


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

中学生たちと今年度最後の支援活動

今年度最後の避難民支援活動にはクレイン生2人がボランティアで参加してくれました。 フードバンク愛知ではその活動を学びました。 活動の意義を感じてくれたようで嬉しいです。以下、2人の感想です。 「最近ウクライナの報道が少なくなり戦争の実感がなかったけど、避難民のひとたちや支援をしている人に会って活動をして実感することができました。」 「初めてフードバンクに行ってその役割について学べました。そして、レ

Comments


bottom of page