top of page

NO MORE TRAGEDY


国連の常任理事国を務める大国が、


核を持つ世界の大国が、


武力で隣国の大地を土足で踏みにじり、


破壊行為を奪うことは許せない。


国が主導して、罪のない人を不安に落とし入れ、命を奪うことがどうして許されようか。


世界がひとつになって、ロシアの野蛮な行為を止めなければならない。



私たちには何ができるだろう。


まずはこの状況に関心を持つこと。


いま何が起こっていて、ウクライナの人々がどのように生きているのかをテレビや新聞やインターネットを通じて知ってください。


思いが届かないと思っても、戦争に反対する意志を表してください。


現地で直接ウクライナの人たちを助けることができなくても、自分にできることが何かあるはず。


どうか、これ以上悲劇が続きませんように...


閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

英語交流会を開催しました

ウクライナから岐阜市に避難してきた14才のJくん。避難してきてから2年、日本の学校には通わずウクライナの学校に課題提出の形で参加しているだけで、日頃の交流はないそうです。英語が好きなJくんは、岐阜市で実施される月一回の英語交流会に参加するのが唯一の楽しみだったそう。ですが名古屋に引っ越してきてその唯一の日本人との交流もなくなってしまいました。 そんな時レスキューストックヤードから 「クレインさんで

中学生たちと今年度最後の支援活動

今年度最後の避難民支援活動にはクレイン生2人がボランティアで参加してくれました。 フードバンク愛知ではその活動を学びました。 活動の意義を感じてくれたようで嬉しいです。以下、2人の感想です。 「最近ウクライナの報道が少なくなり戦争の実感がなかったけど、避難民のひとたちや支援をしている人に会って活動をして実感することができました。」 「初めてフードバンクに行ってその役割について学べました。そして、レ

Kommentarer


bottom of page