top of page

少しでも温もりを届けたい...カイロを渡してきました!

高校一年生の山本詩織さんが行ったファンドレイジングで集まった募金で買ったカイロを日本ウクライナ文化協会にお届けしました。


購入したカイロはなんと3600枚!



ナターリヤさんやリューダさんの想い、いまのウクライナの状況についてたくさん質問をしました。


「あなたは実感がないでしょうけど、この支援はウクライナの人たちにとって本当に大きな力を与えているの」と涙ながらに感謝の気持ちを伝えてくれたリューダさんのことばが特に心に染みて、この活動をやってきて良かったと改めて実感しました。


「日本はこれから暖かくなっていくけど、ウクライナはまだまだ極寒。停電で暖房も使えず寒さに耐えている人たちがたくさんいる」とナターリヤさん。

少しでも現地の人々に温もりを届けられたらという気持ちでいっぱいです。


今日ナターリヤさんとリューダさんから伺った話を、これから山本さんが報告動画にしてお伝えします!


ファンドレイジングにご協力いただいたみなさま、改めてお礼申し上げます。

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

中学生たちと今年度最後の支援活動

今年度最後の避難民支援活動にはクレイン生2人がボランティアで参加してくれました。 フードバンク愛知ではその活動を学びました。 活動の意義を感じてくれたようで嬉しいです。以下、2人の感想です。 「最近ウクライナの報道が少なくなり戦争の実感がなかったけど、避難民のひとたちや支援をしている人に会って活動をして実感することができました。」 「初めてフードバンクに行ってその役割について学べました。そして、レ

Comments


bottom of page